自分に合ったデリバティブの選び方

初級編Nov 21, 2022
デリバティブは需要によって生まれます。 それは投機やリスク回避です。 適切な暗号デリバティブを選択すると、半分の労力で2倍の結果を得ることができます。
自分に合ったデリバティブの選び方

金融デリバティブとは何ですか?

金融デリバティブとは、基本金融商品に対応する概念であり、基本金融商品の価格(または価値)によって価格が変化する基本商品または基本変数に基づくデリバティブ金融商品を指します。

デリバティブの特徴:

1.デリバティブは、リスクをヘッジしたり、原資産の方向性の動きを推測したりするために使用できます。

金融デリバティブの本来の目的はリスクヘッジでしたが、その後、その高いレバレッジと多種多様な取引により、多くのトレーダーや機関投資家が投機し、高いリターンを求めて市場に参入しました。

2.ゼロサムゲームまたは負の合計ゲーム

デリバティブ取引は物理的なオブジェクトを必要としないため、2つのカウンターパーティのみを必要とするため、損益は完全に負の相関関係にあります。 一方の当事者の収入は完全に他方の当事者の損失から来ていますが、取引コストのために、それはマイナスの合計ゲームと見なすこともできます。

3.通常、レバレッジを使用すると、リスクとリターンは一般的な金融商品よりも高くなります

デリバティブは通常、証拠金、証拠金融資、取引所の支援による空売りで取引されるため、証拠金の数倍高いポジションを運用でき、リスクと収益が増幅されます。

4.各製品のルールが異なるため、しきい値が比較的高くなります

デリバティブは、高いレバレッジが利用可能であり、市場の円滑な運営とさまざまなメカニズムのために、スポット取引と比較してはるかに高いエントリーレベルを持っています。ルールに慣れていないと、多額の資金損失が発生し、ポジションでさえ0に戻ります。

暗号で最も人気のあるデリバティブの種類は何ですか?

1.永久契約

永久契約は従来の先物契約に似ていますが、先物やオプションとは異なり、永久契約には有効期限や決済日がありません。 したがって、ユーザーはポジションを無期限に保持することができ、これはスポット取引と非常によく似ています。 契約取引と現物取引の最大の違いは、契約取引は原資産を実際に所有していないことです。 永久契約の取引では、ユーザーは上昇時の買いや下降時の買いに目を光らせるだけでよく、運用経験上便利で、一部の Gate.io 契約では最大100倍のレバレッジで取引できます。

永久契約は、マークされた価格と資本レートを使用して、運用を支援します。 マーク価格は、外部市場に基づく加重価格であり、その目的は、市場が非常に不安定な場合に発生する可能性のある不公平な清算を減らすことです。 ファンドレートは、永久契約価格とスポット価格の価格差に基づくバランスメカニズムであり、永久契約価格とスポット価格の価格差を効果的に狭めることができます。

例:ビットコイン現在の市場価格で20,000ドルです

スポット取引を使用する:

アリスがスポット取引で1ビットコインを保有し、価格が20,000ドルの場合、ビットコインが10%上昇すると、価格は22,000ドルになり、アリスは10%の利益を得ることができます。

永久契約を使用する:

契約の簡単でレバレッジの高い性質を利用して、アリスが証拠金3xLongのビットコインを購入することを選択し、3BTCと60,000ドルの価値の契約を購入すると、10%増加し、契約額は66,000ドルになります。 スポット取引と比較して、永久契約の使用には30%の利点があります。

契約の高いレバレッジはアリスの利益を増やしましたが、それは彼女が市場の方向性を正しく見ているからです。 彼女が間違った方向を選ぶと、損失も拡大します。

同様に、20,000ドルが10%下落すると、価格は18,000ドルに下がります。

アリスはスポット取引に参加したため、1つのBTCを保有していました。 価格は10%下落し、損失は元本のわずか10%でした。

永久契約は3回レバレッジされ、価格は10%下落し、60,000ドルから54,000ドルに減少し、6,000ドルの損失は元本の30%でした。

契約の高いレバレッジと市場自体の高いボラティリティのために、シニアトレーダーは通常、利益とストップロスの価格を設定し、厳格な取引ルールとフレームワークを遵守します。

永久契約はスポット取引に似ていますが、それでもわずかに異なります(下のチャートを参照)。

2.配送契約

受渡契約は、将来の受渡日に合意された価格で原資産の売買を完了するための従来の先物取引の契約です。 永久契約とは異なり、配送契約には明確な納期があります。 配送契約が満了すると、契約の買い手と売り手の両方が契約を履行し、配送を完了する義務があります。 決済価格がポジションオープン価格よりも高い場合、買い手は利益を得るでしょう。決済価格がポジションオープン価格よりも低い場合、売り手は収益を得ることができます。

例:

買い手と売り手が2022年7月31日に$30,000の価格で10BTCを取引することに合意した場合。 その日、相場が上がっても下がっても、双方は相手方との取引を完了する義務があります。 時間が経過すると自動的に決済されるため、長期間ポジションを保持することはできません。

決済価格が30,000ドルを超える場合、買い手は利益を得るでしょう:決済価格が30,000ドル未満の場合、売り手は利益を得るでしょう。

3.オプション

オプションと従来の先物取引の最大の違いは、配送契約の取引において、買い手と売り手が同等の権利と義務を持っていることです。 ただし、オプション取引では、買い手は契約を履行する権利を有し、履行する義務はありません。 保証金に加えて、売り手は契約を履行する義務もあります。

主な理由は、オプションの購入者、つまり権利者が権利を取得するためにプレミアムを支払うことです。 市場が判断の方向性と矛盾する場合、彼/彼女は彼/彼女の権利を放棄することができます。プレミアムを徴収し、履行義務を引き受け、保証金を支払うオプションの売り手は、限られた収入と無制限の潜在的なリスクを持っています。

買い手と売り手の権利と義務が異なるため、オプションの売り手は実行される義務を負います。 価格が逆に変化すると、損失は徴収するロイヤルティよりもはるかに大きくなる可能性があります。

4.コールブル/ベア契約(CBBC)

呼び出し可能な強気/弱気契約は、暗号通貨、株式、債券ではなく、レバレッジと自動ストップロスメカニズムを備えたデリバティブ商品です。 コールブル/ベア契約を購入することは、リンクされた基礎となる問題を購入またはショートするための資金調達のようなものです。 少額の金融関連手数料で、投資家はレバレッジ比率を拡大し、価格差を得ることができます。

投資家がビットコインに強気であれば、ビットコインにリンクされた「コールブルブル契約」を直接購入することができます。 彼らが弱気であれば、彼らは「コール可能なクマ契約」を購入することができます。 呼び出し可能な強気/弱気契約には強制回復メカニズムがあることに注意してください。 コールブルブル/ベア契約の原資産の価格が回収価格に達すると、コールブルブル/ベア契約は強制的に回収され、取引できなくなります。 損失の拡大を回避するための強制ストップインタレスト(ストップロス)メカニズムと見なすことができます。

5.ストラクチャード・ファイナンス商品

債券とデリバティブの特徴を組み合わせた新しい金融商品

債券と販売オプションを備えたストラクチャード金融商品は、固定金利よりもはるかに高い収入がありますが、収入はオプションを売った後のプレミアムから得られます。 したがって、パフォーマンス後の将来の世代のトークンの上昇と下降のリスクを負う必要があります。 元本保証のない金融商品です。

Sharkfinは、債券商品とノックアウトオプションで構成される元本保証型金融商品です。

価格帯とノックアウト価格を設定することで、サブスクリプション期間内の範囲内であれば、投資家は高いリターンを得ることができますが、ノックアウト価格に触れるとオプションは期限切れになります。 高収入を得ることはできませんが、それでも固定金利収入を享受しています。

金融デリバティブを使用する際の注意事項:

1. 証拠金および清算価格

多くのデリバティブを使用する場合、証拠金の一部のみを取引所に提供する必要があるため、証拠金の数倍のポジション値を操作して取引することができます。 清算価格は、証拠金の価値がポジション値の損失をカバーするのに不十分な場合のマーク価格です。 マークされた価格が始まると、ポジションは過負荷になり、すべての証拠金が没収されます。

ユーザーは、レバレッジによって引き起こされるリスクに注意を払う必要があります。 レバレッジが大きすぎると思われる場合は、いつでもマージンを追加してレバレッジを減らすことができます。

2.クロスモードと分離モード

クロスモードと分離モードの違いは、証拠金として使用される担保にあります。

クロスモードとは、アカウント内のすべての担保を証拠金として使用し、すべてのポジションが証拠金を共有することを指します。

分離モードでは、アカウントの証拠金の一部が使用され、各ポジションは独立しています。

したがって、現在の市場が激しく、暗号価格が大きく変動する場合、ポジションがクロスモードで清算価格に触れると、すべてのポジションがクローズされます。分離モードではオーバーロードされるポジションはほとんどなく、ポジションホルダーは影響を受けません。

3.ファンドレート

ファンドレートは、暗号空間における永久契約のユニークで排他的なメカニズムであり、契約価格をスポット価格に近づけることを目的としています。 ファンドレートがプラスの場合、ロングポジション保有者はショートポジション保有者に支払うものとします。ファンドレートがマイナスの場合、ショートポジション保有者はロングポジション保有者に支払うものとします。

ファンドレートの一括払い額は少ないですが、長期間継続して支払われると、最終支払総額がポジションの10%以上に達する可能性があります。 したがって、元本の継続的な損失を避けるために、ファンドレートのプラスとマイナスに注意を払う必要があります。

4. 流動性

流動性の高いデリバティブの場合、価格スライドによって引き起こされる取引時間と取引コストは非常に小さいです。 ただし、使用する商品の流動性が悪い場合、リアルタイム取引やスライド価格の上昇により、取引が正常に成立せず、取引コストが予想よりも高くなる可能性があります。

適切なデリバティブを選択する方法は?

デリバティブは通常、小さなものと大きなもののために戦うという特徴を持っています。 そのため、一生食べ物や衣服を気にせずに直接富を稼ぐために高いレバレッジを使用する人がいるとよく耳にします。 この種の状況は生存者バイアスに属します。 デリバティブ市場自体はゼロサムゲームです。 私たちがそれを見ることができないところでは、多くの人々が高レバレッジのデリバティブを借りて使用しています。 利益を上げる代わりに、彼らは返済するのに数十年かかる借金を負わなければなりません。

深く慎重な調査を行うことに加えて、投資家はデリバティブのルールを理解する必要があり、また彼ら自身のリスク受容を考慮に入れる必要があります。

評価では、年齢、財政状態、精神状態、およびその他の要因を考慮に入れる必要があり、リスク受容能力に影響します。

20歳と60歳の人は、リスクの受け入れがまったく異なる可能性があります。

若い人たちはまだ戦う時間があると思うので、彼らはより大きなリスクを受け入れても構わないと思っています。

60歳の投資家は、若い人に比べて体の老化と作業能力の低さから、保守的な取引や財務管理を進んで行う可能性があります。

財務状況の面では、キャッシュフローが比較的豊富な投資家は、キャッシュフローが比較的悪い投資家よりもリスク受容能力も高くなります。

デリバティブは高いレバレッジを提供しますが、より多くの証拠金を預けるか、レバレッジ比率を積極的に引き下げることで、過度のエクスポージャーリスクから身を守ることができます。

結論

暗号空間の取引市場は、最初の法定通貨取引や暗号取引からその後の独自の永久契約の開発まで、近年急速に発展しています。 あらゆる関係者の機関や人材が次々と市場に参入し、デリバティブの需要も高まっています。

多くの人がハイレバレッジの特性に魅了されていますが、同時に、そのリスクは非常に高く、参加したくないという方も多いです。 デリバティブの本来の目的はリスクを回避することであり、後のトレーダーによって投機が行われました。

楽器の品質はその特性によって与えられるのではありません。 楽器は単なる楽器です。 良いか悪いかはなく、使用できるかどうかだけです。 楽器をうまく利用することで、リスクの低い条件下でより多くの利益と報酬を得ることができますが、知らない楽器を使用すると自分自身を傷つける可能性があります。

デリバティブを取引する前に、リスク受容能力を評価し、製品の知識を習得する必要があります。 適切なコントロールレバレッジと証拠金の配分は、ポジションコントロールの目的を達成することができます。

著者: James
翻訳者: Joy
レビュアー: Hugo, Echo, Piper
* The information is not intended to be and does not constitute financial advice or any other recommendation of any sort offered or endorsed by Gate.io.
* This article may not be reproduced, transmitted or copied without referencing Gate.io. Contravention is an infringement of Copyright Act and may be subject to legal action.