Gate.io
Learn Cryptocurrency & Blockchain

パーマウェブとは何ですか?

初級編Nov 21, 2022
パーマウェブは通常のウェブに似ていますが、そこに見られるものはすべて永続的で検証可能であり、何億もの作業ハッシュの下に埋もれているブロックチェーンに埋め込まれています。
パーマウェブとは何ですか?

紹介

インターネットとその後のWeb 1.0の創造は、世界中の仲間の間で情報を伝達し共有する方法に革命をもたらしました。 インターネットは、冷戦中の軍事情報の送信を容易にするために1960年代に作成され、1969年に送信された最初の電子メールのマイルストーンが続きました。 この時期、インターネットはまだ原始的であり、今日でも使用されているHTTPと呼ばれるプロトコルを介して静的ページを表示していました。
1992年、Tim Berners-LeeはWeb 1.0を作成しました。 実際、Web 1.0と今日私たちが知っているものは非常に似ており、静的ページとよりインタラクティブなページの間で、情報を最終的な公開に表示するために使用される手法のみが異なります。

当初、Webは、組織や政府によって指揮されることなく、すべての人のためにあり、分散化されることさえ目的を持っていました。 しかし、今日私たちが知っているインフラストラクチャへの投資とWebの改善による大企業の独占により、情報の自由をすぐに利用できるようにするという提案は実行不可能になりました。

この文脈の中で、Permawebは、ネットワーク上の他の多くの以前のブロックに接続された、情報、トランザクション、およびデータを含むブロックの一連の検証であるブロックチェーンの出現によって、これらの問題を正確に解決しようとしています。 この記事では、現在のWebと比較したPermawebの全体的な違いと、Arweaveネットワークプロジェクトの実装と利点について詳しく説明します。

パーマウェブとは何ですか、そしてパーマウェブと現在のウェブの違いは何ですか?

パーマウェブを理解するには、現在のウェブがどのように見えるか、そしてそれがパーマウェブとどう違うのかを理解する必要があります。 Permawebによって解決された問題を目指して、プロジェクトを今日のものと区別する主な概念、つまり一般的な概念に加えて、経済関係、情報ストレージの問題、この情報の永続性に分けることができます。

概念

現在のモデルに関連するPermawebの革新の基礎を形成する最初の概念は、グローバル化された不変の集中型ストレージネットワークに基づいています。 パーマウェブは、それを使用する人々によって維持、維持、所有されています。 データ共有の原則は分散化されており、ユーザー自身の空き領域を利用しています。 さらに、このプロジェクトはその名前に恥じず、公開されるとすべてのコンテンツをWeb上で永続的に利用できるようにします。 悪意のあるファイルやデータをアップロードしてPermawebの誤用を回避するために、プラットフォームにはコミュニティユーザーによって形成された民主的なモデレーションがあり、コンテンツポリシー規制の権利をユーザー自身の手に委ねています。

サーバーのないウェブ

非常に簡単な方法で、現在のWebは何百万ものサーバー、スーパーコンピューターによって支えられており、ユーザーはある種のメッセージを受信し、それらに保存されているデータまたは情報で応答します。 Webサイトにアクセスしようとすると、これらのサーバーに到達するまでこのメッセージはいくつかのレイヤーを介して送信され、読み込みにかかる時間で目的のページを表示することで応答します。
このようなスーパーコンピューターは安くはなく、それらが保管されている巨大な倉庫でさえ無料ではありません。 通常、Google、Amazon、Facebookなどの現在のWebの大企業は、これらのサーバーをアクティブに保ち、より強力で高速なものにするための改善を行うことによって行動します。 これにはすべてコストがかかり、これらの同じ会社によるユーザーのデータと個人情報の販売を通じて報われます。

Permawebでは、これらのサーバーに通常保存されているデータは、ハードドライブをPermawebのサーバーとして利用できるようにする何百人もの人々の間で分割されます。 このコンテキストにより、コストを削減し、大企業によるユーザーの個人データの誤用を回避し、情報の共有をより透明で分散化できます。 情報が断片化され、複数のドライブに分散されることのもう1つの利点は、政府や組織が情報の全範囲を制限するために1つの集中サーバーのみをブロックする必要があることを考えると、検閲を回避することです。 Permawebを使用すると、情報はどこにでもあるため、ブロックすることはほとんど不可能です。

インセンティブ

前述のように、Web を実行し続けるプロセスは、コストがかからず、コストもかからないプロセスでもありません。 大企業、マーケットリーダー(さらには政府部門)は、ユーザーの個人情報と引き換えにこのシステムの代金を支払うことをいとわず、収益に変換できます。 交換は簡単です:あなたはあなたのプライバシーと匿名性の損失と引き換えにウェブ上に含まれるすべての情報へのアクセスを得ます。

さらに、ウェブサイトの作成者は、ウェブサイトをオンラインにするためにこれらの同じ会社に支払います。 通常、この価格には、完全に使用される可能性が低いサーバー容量全体が含まれています。 あなたはそのすべての必要性なしでサービスに多額の支払いをします。 その間、このウェブサイトのユーザーのデータが収集され、再び、プライバシーの欠如は、ユーザーの適切な同意なしに通貨として使用されます。
ここで、データを保存したいと想像してみてください、そして、このデータが永久に保存され、どこからでもアクセスでき、サーバー間で共有または転送された回数に関係なく、元のデータと同じ方法であることを保証するために、一度支払う可能性があります。 またはまた、ハードドライブに余分なスペースがあり、いっぱいになってもかまいません。 これに対する報酬と引き換えに他のネットワークユーザーと共有することは興味深いことではないでしょうか?

それはまさにパーマウェブが提案していることです。 データの共有と保存は、この情報の保存、交換、またはアクセスに必要なスペースとして機能するメモリに依存します。 今日、このプロセスは、大企業が資金提供するサーバーを介して一元的に行われています。
ただし、UberやAirbnbによって作成されたモデルと同様に、Permawebを使用すると、他のネットワークユーザーから提供されたスペースを使用してデータを保存できます。 このシステムは、Blockwaveと呼ばれるプラットフォームに基づいており、コスト効率の高い方法でスケーラブルなオンチェーンストレージを提供するように設計されています。 システムに格納されるデータの量が増えると、コンセンサスに必要なハッシュの量が減るため、1 つのデータ格納コストが削減されます。

データストレージのコスト削減に加えて、ユーザーは、ネットワークのネイティブトークン(AR)の配布に基づいて、ハードドライブにスペースをマイニングして提供するインセンティブもあります。 この記事を書いている時点で、ARトークンは約13ドルでリストされていました。
この報酬モデルは、システムを永続させ、ユーザーがPermawebを実行し続けることを奨励し、分散型で低メンテナンスコストのデータ共有ネットワークを提供します。

情報の自由

現在、一時的な方法で短期的にうまく機能するコンテンツを含むURLが見つかりましたが、何百もの新しいサイトがあり、そのすべてが常にコンテンツを公開および更新している瞬間、状況は変化し始めます。 人々はこの情報を引用し始め、他の情報をリンクして参照し始めます。 重要なのは、これは物事が非常に早く崩壊するためのレシピであるということです。 ある時点で、訴訟文書、ニュース記事、その他の関連主題の議論のトピックなど、Web全体で相互にリンクされている大量のデータにアクセスできますが、数年後、この同じ記事が移動され、サイトが削除されるか、存在しなくなりました。 ですから、これらの偉大な知識体系はすべて自己参照的であるが、リンクライセンスは壊れており、少なくとも最初にアクセスした元の方法では、情報にアクセスできなくなりました。

それが最近のウェブで起こっていることです。 情報が時代遅れになるまでに、決定的に、または最初に開示された方法でのみアクセスすることに関心がない場合、この情報がそのまま失われる可能性は非常に高くなります。 これは、現在のWebで永続化されている情報は、以前にコミュニティで利用可能だったコンテンツの変更や操作(さらには削除)の対象となることを意味します。 政治的言説、歴史的文書、科学記事は、ある時点では利用可能であり、別の時点では、すべての人がアクセスできるWebの部分からより制限されたレイヤーに消去、紛失、または移動される場合があります。 大規模な組織や政府が情報の政治経済的管理を持っているという事実は、最近のこの非常に一般的な現象に大きく貢献しています。
Permawebは、この情報の検閲に費やされた労力に関係なく、一度保存されると、すべての情報にいつでもアクセスできる場合に、その名に恥じません。

パーマウェブの技術的概念

Arweaveプロジェクトは、現在のWebの問題を解決するためのいくつかのテクノロジーの実装に基づいています。 その中には、ブロックウィーブとプルーフオブアクセスがあります。 ArweaveのBlockweaveは、従来のブロックチェーンネットワークシステムとよく似ています。 ただし、ブロックチェーンでは、ブロックは前のブロックとそのすぐ隣のブロックにのみ接続されます。 Blockweaveでは、チェーン内の各ブロックは、直前のブロックとリコールブロックと呼ばれる別のランダムな前のブロックの2つの前のブロックを介して次のブロックに接続されます。 この時点で、アクセス証明の概念が入り、新しいブロックをマイニングするには、マイナーはリコールブロックのアクセス証明を実行してから、チェーンに新しいブロックを追加する必要がありました。 このようにして、プルーフオブアクセスは、マイニング報酬を獲得するために、マイナーが古いデータにアクセスする必要があることを保証し、Blockweaveのチェーンアーキテクチャでの長期データストレージを永続させます。 したがって、Arweaveは、データを変更せずに保存でき、Permawebを介して簡単にアクセスできる場所を作成します。

ブロックウィーブは、Permawebで転送または作成されたデータにディスクスペースを割り当てることにより、マイナーによって維持されます。 その見返りに、ArweaveはARWEAVE(AR)トークンで彼らに報酬を与えます。 このユニークなコンセンサスメカニズムは、報酬方法、プルーフオブアクセスコンセプト、Blockweaveアーキテクチャと相まって、信頼性が高く、永続的で分散型のストレージの形を作成するためのArweaveのプロジェクト運営の基礎となります。

Permawebは、このArweaveベースのメカニズムのレイヤーの1つとしてこのコンテキストで機能します。 これは、BlockweaveとArweaveへのゲートウェイとして機能し、ブラウザ、ページ、コンテンツにアクセスしたときに表示される部分として機能します。 基本的な例えをすると、PermawebはArweaveハードドライブの上に構築されたレイヤーであり、HTTPがTCP/IPの上に構築されているWebを公開するプロトコルであるのと同じように。

Permawebのすべては永続的であり、迅速に回復し、永続的に分散化することができ、それを公開した人でさえも変更することはできません。 変更を加えると、元のブロックを削除せずに、実際には新しいブロックが作成されます。 プロトコルが動作している限り、ページ、コンテンツ、およびアプリケーションは、いくつかのツールを使用して、一般的なブラウザからアクセスできます。

Permawebに投稿されたすべてのものは、個人データや位置データを共有せずに匿名で実行できることを考えると、匿名性も重要な要素です。 すべてがウォレットを介して署名され、その起源にまでさかのぼることができます。 すべてが永続的かつ匿名で投稿できることを考えると、これはすべて危険に思えるかもしれませんが、コミュニティはコンテンツ分析プロセスを実行するモデレーターとモニターのチームを形成します。 この分析は、虐待的および違法な素材をPermawebから遠ざけるためのコンテンツポリシーに基づく一連のツールによってサポートされており、Airweaveのプロトコルに記載されています。

これらすべての利点と機能について考えると、そのようなモデルのコストは成層圏になると想像されます。 ただし、Arweave独自の料金体系は、それ自体が特徴の1つです。 現在のモデルでは、ユーザーがデータをクラウドに保存するために月額または年額の料金を支払うことが非常に一般的であり、時間の経過とともにコストが累積されます。 ストレージ基金として知られるArweaveモデルでは、ユーザーは一度だけ前払いし、この支払いは寄付金に入れられ、その寄付金自体の利息がストレージのコストを支払います。 最も興味深い部分は、テクノロジーが進歩するにつれて、ストレージコストが減少することです。 近年、データ保存の平均コストは年間約30%減少しており、前払いは手数料自体よりも投資にはるかに近くなっています。 Arweaveが行うことは、安全マージンを使用して200年間データを保存するコストを見積もり、ストレージのコストが30%ではなく年間0.5%しか低下しないと計算することです。 これは、ストレージのGBあたり約3ドルです(この記事を書いている時点で)。 この金額の一部はストレージ基金に送られ、別の部分は報酬ノードに送られます。

繰り返しになりますが、分散化を維持するために、Arweaveで行われるすべての支払いは、ネイティブのArweaveトークンであるARを介して行われます。 これにより、新しいデータのマイニングが促進され、持続可能なトークンエコシステムが作成され、Arweaveシステムでの中央集権的な通貨の乗っ取りが防止されます。

パーマウェブには、いくつかのサークルでアプリケーションがあります。 個人の場合、写真やその他の家族の思い出を保存して、レガシーを安全に保ちます。 企業の場合、どちらの当事者も変更することなく、法的文書や契約書を保存することができます。 大学や学術機関の場合、論文、レビュー、その他の出版物は、仲間や一般の人々が常に利用できるため、科学の普及がよりアクセスしやすく安全になります。

ARWEAVE、Filecoin、SIAの違い

Arweaveによってもたらされた分散型ストレージセクター内の大きな革新にもかかわらず、それはビジネスで最も古く、唯一のものではないことを認識する必要があります。
Arweaveから他の競合他社を連れてくるために、FilecoinとSIAネットワークのプロジェクトについて少し話しましょう。

ファイルコインはArweaveプロジェクトとほぼ同じように機能し、ファイルコインブロックチェーンに余分なストレージスペースを提供し、メンバーシップの増加とその結果としてのストレージ容量につながる金銭的インセンティブと引き換えに機能します。 ファイルコインブロックチェーンは、Web3.StorageなどのdAppsインフラストラクチャの基盤としても使用できます。
データは、プルーフオブストレージコンセンサスアルゴリズムによって維持されることが保証されており、ユーザーは主張するストレージを利用できるようにするだけでなく、最後までデータのメンテナンスを保証します。
多くの類似点にもかかわらず、Filecoinは、コストが集中型ストレージモデルよりも依然として高いことを考えると、完全なプロジェクトを提供できません。 さらに、保存されたデータの重要性と妥当性の検証が不足しているため、ユーザーは一般的に役に立たないデータを保存することが奨励されており、このサービスの需要が人為的に増加しているため、環境はまだ持続可能ではありません。

SIAネットワークの場合、ストレージを永続的に購入するのではなく、SIAブロックチェーン上のストレージとホスティングモデルをレンタルします。 スマートコントラクトを使用して、賃借人はストレージの量と時間、およびホストと賃貸人の関係の他の側面を決定します。 トケノミクスの場合、ネイティブトークンであるSCには固定の最大供給量がありません。 今日、その総供給量と循環供給量の両方が510億コインです。 0.004ドルで取引されています。
SIAは、火傷の証明メカニズムを開発しています。 これは、ノードがアクティブで実際の参加者であることを証明するためのものです。 ノードは$SCコインの4%を燃やす必要があります。 これにより、コインの循環供給が減少します。 ただし、総供給量は常に膨らんでいます。 これは、$SCコインがSIAファンドの所有者に配布されるためです。

結論

この記事では、Archainによって立ち上げられた新しいテクノロジーであるPermawebについて説明しました:Blockweaveと呼ばれる新しい種類のブロックストレージテクノロジーとマイニングアルゴリズムに基づいて構築された、分散型で暗号的に検証されたアーカイブネットワーク。 Blockweaveテクノロジーは、従来のブロックチェーンベースのシステムでは対応できないサイズにスケーリングすることができます。 これらすべてが、新しい情報ストレージおよび共有システムを支えています。 インターネットなしで今日私たちが知っている世界を想像するのは難しいです。 挫折にもかかわらず、今日、Webは世界中の多くの人々によって日常的に使用されているツールであり、いくつかの目的があります。 Arweaveプロジェクトが、より優れた費用便益、セキュリティ、データ保護を備えた分散型データストレージネットワークを提案するためのテクノロジーへの主要な開発と投資をもたらしたことは間違いありません。 Permawebでなくても、Arweaveによって開発されたようなプロジェクトは、誰もが利用できる現代的で不変で改良されたアレクサンドリア図書館を提案し、すべての始まりへの大きな復帰となるでしょう:分散型でスケーラブルな情報共有のオープンソースとしてのWeb、常に利用可能、常にアクセス可能。

著者: Gabriel
翻訳者: Piccolo
レビュアー: Hugo
* 本情報はGate.ioが提供または保証する金融アドバイス、その他のいかなる種類の推奨を意図したものではなく、構成するものではありません。
* 本記事はGate.ioを参照することなく複製/送信/複写することを禁じます。違反した場合は著作権法の侵害となり法的措置の対象となります。