Gate.io
Learn Cryptocurrency & Blockchain

Gate.io先物取引の4つの機能について

初級編Dec 12, 2022
概要 今回の Gate Learn 先物取引初心者講座では、先物取引の基礎知識、Gate.ioの先物商品、先物取引のガイドを普及させることを目的に、初めて利用する方を対象としています。 今回は、使用頻度の高い4つの機能「リバース注文」「先物定量取引」「価格乖離防止」「損切り/利確(SL/TP)」を紹介し、皆様のトレードをより快適にすることを目指したいと思います。
Gate.io先物取引の4つの機能について

暗号資産先物取引のベテラン愛好家として、Gate.ioは、予測不可能で競争の激しい先物市場で安定的かつ長期的なパフォーマンスを達成するために必要な方法論があると考えています。それは主に以下の3つです。

  • 投資に関する健全なコンセプト(概念)
  • 信頼性が高く、効率的な投資ツール
  • 取引のための検証されたフレームワーク思考システム

ここで、投資の考え方についてアドバイスします。それは、「時間と友達になること、価値投資を追及すること、トレンドに逆らわないこと、弱気市場に備えること。」です。是非覚えておいてください。

問題解決策は1つではありません。そして、信頼できる効率的なツールとして、Gate.ioプラットフォームは優れた選択であり、9年間の努力と発展で安全で安定した評価を受けているので、ワンストップ投資を実現することができます。

それでは、Gate.io先物取引の4つの実用的で効率的な機能を、定義、最適な適用場面、操作方法からそれぞれ解釈してみましょう。

I.損切り/利確(SL/TP)

1.なぜ、損切り/利確(SL/TP)の設定をする必要があるのでしょうか?

相場は変動が激しく、予測不可能なため、5回連続で正解する確率は5%以下です。損失を減らし、取引を成功させるためには、SL/TPを設定する必要があります。

投資そのものはノーリスクですが、コントロール不能な投資は最大のリスクとなります。すべての注文はロジックに沿って行う、つまり損切りを設定するようにしましょう。

  1. SL/TPの原則は何ですか?

「思い切った損切り」と「冷静な利確」です。

3.SL/TPはどのように設定するのか?

1)ポジションを建てた後の損切り/利確(SL/TP)

直近の市場価格(取引価格/マーク価格/指標価格)があらかじめ設定したトリガー価格に達すると、あらかじめ設定した注文の種類、価格、数量にしたがって注文を出します。

先物取引画面の「ポジション」で「SL/TP」を選択し、目標価格とトリガー価格を入力し、「OK」をクリックすると設定が完了します。

2)ポジションを建てる際に、損切り/利確(SL/TP)を設定する。

成行や指値を利用してポジションを建てる場合、特に指値注文を利用してSL/TPを設定すると、リスクをうまくコントロールすることができます。

先物注文のページで「指値または成行」を選択し、価格と数量を記入、「SL/TP」をチェックし、SL/TP価格を設定して確定後、ポジションを建てることができます。

II.リバース注文

1.リバース注文とは何ですか?

この機能を使用する場合、システムは最適な市場価格でポジションを清算し、同じ先物、同じレバレッジ、同じ数量、同じ価格で「逆のポジション」を建てることになります。このことをリバース注文といいます。

2.どのような場面で使うのが良いのでしょうか?

主に、相場が激しく変動し始めた時に適用されます。その時、トレーダーは最も短い時間で最も簡単な操作で利益を確定すると同時に、相場が反転する機会を掴む必要があります。

3.リバース注文の設定方法は?

先物取引ページで注文を出した後、「ポジション」インターフェースから「リバース注文」機能を見つけ、必要に応じて設定することができます。

III.先物定量取引

世界初の健全な定量取引ツールを備えた先物取引プラットフォームとして、Gate.io 先物取引プラットフォームはトレーダーに究極の取引体験を提供するだけでなく、先物グリッド、CTAトレンド戦略など最大11種類のオプションを提供しています。運用中の戦略資産は$20億以上であり、150万以上の定量取引戦略がロボットによる自動取引で実行されています。手を大きく解放し、主観的取引の弱点を克服し、プラットフォームユーザーに安定した投資収益をもたらします。

IV. 価格乖離の防止

1.価格乖離防止機能とは何ですか?

価格乖離防止機能の設定を有効にした後、SL/TP(損切り/利確)がトリガー価格に達すると、先物の最新価格とマーク価格との間の価格乖離がシステムで設定した合理的な値を超えた場合、SL/TP(損切り/利確)を拒否し、価格変動がSL/TP(損切り/利確)に影響しないよう防止することができます。市場の異常な価格変動により利用者にもたらされる損失を効果的に回避することができます。

2.価格乖離防止機能の設定方法

サイトにログイン後、「先物取引ページ - 設定 - 価格乖離防止機能 - 有効」

Ⅴ.まとめ

Gate.ioは、世界トップ6の暗号資産先物取引プラットフォームの1つとして、その安全で安定したシステム性能、複数のトークンの豊富な流動性、非常にスムーズな取引体験、多数のイベントやキャンペーンで世界中の先物取引マニアから高い評価を得ています!Gate.ioは、暗号資産先物取引プラットフォームとして、世界トップ6のプラットフォームです。

今すぐGate.ioで先物取引を始めましょう!

登録はこちら

免責事項

この情報はあくまで参考です。上記のGate.ioが提供する情報は、投資アドバイスではなく、お客様が行ういかなる投資についても責任を負いません。テクニカル分析、市場判断、取引のヒント、トレーダーの共有に関する情報は、潜在的なリスク、投資環境の変化、および不確実性を含む場合があります。この号は、保証された収益の機会を提供したり、示唆したりするものではありません。

著者: Frank
翻訳者: Kris
レビュアー: Levion
* 本情報はGate.ioが提供または保証する金融アドバイス、その他のいかなる種類の推奨を意図したものではなく、構成するものではありません。
* 本記事はGate.ioを参照することなく複製/送信/複写することを禁じます。違反した場合は著作権法の侵害となり法的措置の対象となります。