• 言語・為替レート切替
  • 設定
    上昇/下落カラー
    変動%の開始終了時間
Web3 取引
Gateブログ

暗号資産に関するニュースや洞察へのゲートウェイ

Gate.io ブログ 機関投資家はどのように暗号資産に参加していますか?

機関投資家はどのように暗号資産に参加していますか?

20 October 11:46


概要

MicroStrategyが大量のビットコインをすくい上げた2021年半ばに、暗号資産への機関投資が始まりました。それ以来、多くの方向で勢いを増し続けています。
機関が暗号資産に投資する方法には、バランスシートでのビットコインの保有、暗号資産での支払いの受け入れ、マイニング リグの構築などが含まれます。
暗号資産への機関投資の増加は、初期の資産クラスに対する一般的な信頼を高めるでしょう。
反対に、正しく管理しないと、激しい不安定性や潜在的なクラッシュにつながる可能性もあります。


機関投資家は市場への参加を拡大している

暗号資産の採用率は、これまでにない速さで飛躍し続けており、初期の採用者にとっては満足のいく状態です。しかし、長い間、このセクターへの投資の大部分は小売業者の管理下にありました。しかし、この状況は、機関投資家が水を試し始めた2020年半ばから新たな方向性を示しました。
この旅は、冒険好きな機関が主力の暗号資産であるビットコインをバランスシートに追加することから本格的に始まりました。特に、急進的なビットコインの提唱者であるマイケル・セイラーは、この進取的なグループの先頭に立ちました。実際、彼の会社である MicroStrategy は現在でも機関投資家によるビットコインの投資額が最も多く、130,000 BTC 近くに達しています。キングコインは、時価総額で最大の暗号資産であり、最も長く存続しているため、このリスクを嫌う投資家の間で一定の信頼を得ています。

さらに、この新生資産クラスの採用が増加し、より多くのユーティリティが出現するにつれて、機関投資家は参加を拡大しています。実際のところ、今年の6月までに、ビットコインの総供給量のほぼ7%が機関投資家によって保有されていました。Bloombergによると、今年だけで約 170 億ドルの機関投資家が暗号資産セクターに投入されています。


機関投資家はクジラ投資家と同じですか?

「機関投資家」は、暗号資産プロジェクトへの機関の関与を簡単に説明します。機関投資家は通常、個人投資のみを行う個人よりも多くの投資を行います。ただし、すべてのクジラが機関投資家であるわけではなく、一部のクジラは実際には個人です。クジラの公式な定義は、最大 1000 BTC (またはそれに相当するアルトコイン) を運ぶウォレットです。したがって、最も厳密な意味では、暗号資産のすべての機関投資家がクジラであるわけではありませんが、ほとんどはクジラです。


機関投資家が暗号資産に参加している方法と注目すべき例

暗号資産への制度的関与が始まって以来、それはさまざまな組織タイプに広がっています。映画館からファッション ブランド、政府まで、誰もが突然暗号資産のケーキを食べたがるようです。以下は、全面的にいくつかの注目すべき例です。


バランスシートに暗号資産を保有する

(MicroStrategy) : このクラウド ソフトウェア会社は、暗号資産への機関投資を先導しました。2020 年 8 月から 9 月にかけて、最初に約 2 億 5000 万ドル相当のビットコインを購入しました。それ以来、ビットコインを愛する CEO の Michael Saylor 氏が率いる MicroStrategy は振り返ることはありません。Buybitcoinworldwide によると、2022 年 9 月までに、同社は約 40 億ドルで購入した 130,000 BTC を所有していました。

(Block.Inc.):以前は Square として知られていたこの決済会社の暗号資産への旅は、2020 年 10 月に 5,000 万ドルを投じたときに始まりました。年末までに、その金額は2億ドルを超えました。さらに、ブロックは、ハードウェアウォレットやビットコインマイニングリグの構築など、暗号資産技術に参入することに関心を示しました。

暗号資産で支払いを受け入れる

(AMC シアターズ):米国最大の映画館チェーンは、暗号資産を支払い方法として取り入れています。2021 年 11 月から、ユーザーはビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ (BCH)、イーサ (ETH)、およびライトコインを使用してチケットを購入できます。その後、それが成功すると、劇場チェーンは人気の高いリストにDogecoin、Shiba Inuなどを含めました. CEOのアーロン氏によると、2022年4月までに、暗号資産による支払いがオンライン取引の14%を占めたため、AMCはその成果を上げていました。

(Tesla) : もう 1 つの無視できない重要な機関投資は、電気自動車メーカーのテスラです。SEC の提出書類によると、同社は 2020 年 12 月までにビットコインに約 20 億ドルを投資しました。しかし、テスラは 2021 年第 1 四半期に保有資産の 10% を売却しました。さらに、同年 3 月までに、テスラはビットコインでの製品とサービスの支払いを受け入れ始めました。残念ながら、ビットコインは環境に有害な化石燃料を大量に消費するため、それは長続きしませんでした。テスラは代わりに、ミーム コインである DOGE のような他のエネルギー消費の少ない暗号資産に多様化することを選択しました。

(グッチ) : 2022 年 5 月、グッチは著名なブランドとして初めて暗号資産の支払いを受け入れました。ファッションの巨人は、人気のある NFT (BAYC) Bored Ape Yacht Club のエコシステムのトークンである Apecoin を含む、12 の暗号資産を受け入れます。イタリアのファッション ブランドの直営店の 70% は、ビットコイン、イーサ、ライトコイン、ドージコイン、さらにはステーブルコインなどの暗号資産を受け入れています。


NFTやメタバースへの関わりを通して

メタバースおよび NFT への投資への機関の参加は無限であり、新しいパターンが毎日発生しています。ほんの数例を挙げると:
ナイキは、仮想スニーカーを製造する NFT 収集品およびファッション会社、RTFKT を買収しました
Arizona Iced Teaは、NFT を購入して缶に入れることで BAYC トレインに参加しました
バルバドスは昨年末、仮想不動産 Decentraland で大使館の場所を取得しました。そして、リストは続きます。

暗号資産スタートアップの立ち上げを通じて:
Coinbase : 人気のある暗号資産取引所である Coinbase のような暗号資産企業も除外されていません。この主力の暗号資産プラットフォームは、2021 年 4 月に Nasdaq に直接上場されました。


分散型金融(De-Fi)に参加する

(Aave Pro): Aave は、個人投資家にとって最も人気のある defi ソリューション プロバイダーの 1 つです。これは、ユーザーが競争力のあるレートでデジタル資産を貸し借りすることを許可する非管理型の P2P レンディング プラットフォームです。ただし、このプロジェクトの分散型の性質により、機関投資家が参加できなくなる規制上の問題がいくつか発生しました。これは、組織が分散型貸出市場で貸し借りできるようにするKYCされたプールを使用してAave Proが登場した場所です. 規制要件への準拠。2021 年 7 月に開始されたこのプロジェクトにより、機関は規制要求に準拠した分散型融資を利用できるようになりました。





マイニング操作を実行することによって

(Marathon Digital Holdings):この会社の目標は、北米で最も低い電力コストで最も大規模なビットコインマイニング事業を運営することです。金庫には10,000 BTC以上を保有しています。その結果、200,000 人のマイナーを雇用する予定であり、すでにかなりの数のマイニング マシンを注文しています。


(HUT 8 Mining Corp) : カナダに本拠を置く暗号資産マイニング会社である Hut 8 は、約 1 億 6000 万ドル相当のビットコインを保有しています。昨年半ば、Hut 8 は Nasdaq に HUT として上場し、ビットコイン保有量を増やすことでその価値を高めることを目指し続けています。


法定通貨として (エルサルバドル)

2021 年半ば、エルサルバドル共和国はビットコインを法定通貨として採用する法律を可決し、世界に衝撃を与えました。中央アメリカの民主主義国家の大統領である Nayib Bukele は、初期の資産クラスの強力な支持者です。GDP の 24% を占める送金コストから経済を救うことができると彼は信じています。さらに、Bukele は、大胆な動きを通じて、投資家を自国に誘い込むことを望んでいました。

株式型投資への投資 (GrayScale bitcoin Trust)

一部の機関は、ビットコインの価値を追跡するグレイスケールビットコイントラスト などの間接的なチャネルを通じて暗号資産に投資しています。また、米国以外の国では、機関投資家がこれを行う最も一般的な方法は、上場投資信託または ETF を使用することです。ヘッジファンドやデリバティブ取引所に投資する人もいます。



暗号資産への機関投資を妨げる要因

市場のボラティリティ: Tradfi は依然として暗号資産を危険な資産と見なしています。したがって、機関はヘッジファンドを通じて投資することでそれを軽減しようとします。この取引手段には、共同パートナーが資金をプールし、複数の戦略を利用して投資家の利益を積極的に獲得することが含まれます。さらに、ヘッジファンドは、マーケットニュートラル、ボラティリティアービトラージ、アービトラージ、ロングおよびショートエクイティを採用してリスクを軽減します。また、認定を受けた投資家のみが利用できるため、機関投資家に最適です。

市場規模 (時価総額):機関投資家は、ショート トレードを実行するために十分な流動性を必要とします。クリプトの時価総額は、最近の弱気の苦しみにもかかわらず増加し続けていますが、従来の金融と比較することはできません. 2021 年、世界の暗号資産市場は史上最高の 1 兆ドルに達しました。しかし、 CoinMarketCapのデータによると、今年の混乱により、今年はその金額を下回りました。しかし、暗号資産市場の規模は最大でも、125 兆の株式市場と競合することはできませんでした。現状では、暗号資産業界と機関投資家との関係は対価でなければなりません。機関投資は暗号資産の時価総額を増加させ、時価総額が上昇するにつれて、機関はより多くの流動性を持ちます。

規制の失効:Crypto の以前の規制の欠如は、組織が特定の要件に準拠することをほとんど義務付けられているため、組織に問題を引き起こしました。しかし、規制当局は追いつきつつあり、上記の Aave のような企業は規制に準拠した運用を取り入れています。これにより、暗号資産に対する機関の信頼レベルが徐々に高まっています。


機関投資家がクリプトに参加することによる影響とは?

以下で説明するように、暗号資産への機関の関与は両刃の剣です。
一方で、暗号資産への組織の広範な関与は、デジタル資産クラスの大規模な採用を示し、刺激するでしょう。このような関与は、個人や企業体の間で自動的に信頼を生み出します。これにより、企業が複数のユーティリティをシームレスに実装できるようになり、暗号資産の採用が容易になります。

さらに、機関投資家が暗号資産エコシステムで大規模な長期ポジションを取ると、クジラの動きが市場を混乱させる傾向があるため、暗号資産エコシステムを安定させます。そのような場合、大規模な買いシナリオに影響を与えないかもしれませんが、パニック売りを引き起こしているわけでもありません。また、機関投資家は通常、平均的な個人投資家よりも多くの投資を行うということもよく知られています。したがって、組織が暗号資産市場に関心を示すと、現在関与している関係者を興奮させます。

反対に、市場を決済できる同じクジラが市場を操作することもでき、激しいボラティリティを引き起こします。極端な場合、悪名高いステーブルコイン Terra の UST の場合のように、エコシステム全体がクラッシュする可能性があります。


結論

暗号資産業界への機関投資は増加しており、支持者や現在の投資家を喜ばせています。ただし、この開発が良好であると見なされるためには、すべての関係者が慎重に検討する必要があります。これは、デジタル資産が回避するために到達したもの、中央集権化とその硬直性に陥ることを避けるためです。

著者:Gate.ioの研究者M. Olatunji
翻訳者:AkihitoY.
免責事項:
*この記事は研究者の意見を表すものであり、取引に関するアドバイスを構成するものではありません。
*本記事の内容はオリジナルであり、著作権はGate.ioに帰属します。転載が必要な場合は、作者と出典を明記してください。そうでない場合は法的責任を負います。
ETH/USDT -5.12%
BTC/USDT -4.47%
GT/USDT -3.36%
運試しで箱を開いて $6666の報酬を獲得しよう
今すぐ登録
今すぐ20ポイント受け取ろう
新規ユーザー限定:2つのステップを完了してポイントを受け取ろう!

🔑 Gate.ioアカウント登録

👨‍💼 24時間以内にKYC認証を完了

🎁 ポイント特典受取

今すぐ受け取る
言語/地域
為替レート
Gate.TRに移動しますか?
現在、Gate.TR はオンライン中
クリックしてGate.TRに移動またはGate.ioに留まることができます。