流動性ファーミングとは何ですか?

初級編Nov 21, 2022
流動性ファーミングは分散型金融(DeFi)の新しいトレンドであり、暗号投資家が暗号資産を十分に活用し、高いリターンを得ることができます。
流動性ファーミングとは何ですか?

紹介

流動性マイニングは、ブロックチェーンに流動性を提供することによって賭けられた暗号通貨の量に基づいて関心を得る方法です。 分散型ファイナンス(DeFiとも呼ばれます)が登場する前は、暗号通貨を取得する方法は3つしかありませんでした:PoWネットワークに参加するためのコンピューティングパワーを提供するハードウェアを購入するか、PoSネットワークに暗号通貨をステークするか、取引所から購入することができます。

イーサリアムでのスマートコントラクトの適用は、分散型取引所(DEXとも呼ばれます)の発展に大きく貢献しました。 ブロックチェーン上でコードが自動的に実行されるため、ユーザーは独自の暗号資産をファンドプールにデプロイし、流動性を提供し、取引手数料と報酬トークンを獲得できます。 流動性マイニングは、分散型金融の発展における重要なマイルストーンです。 参加者に新しい収入源を開くだけでなく、異なるトークン間の取引に対する人々のニーズを迅速かつ効率的に満たします。 流動性マイニングは市場に多くのエネルギーを注入し、2020年のDeFi夏をリードしています。

流動性マイニングの歴史

流動性マイニングという用語は、2019年10月にまでさかのぼることができます。 Hummingbot(オープンソースの自動取引プログラム)の開発チームは、ホワイトペーパーとブログ投稿で、ほとんどの暗号通貨が流動性不足の問題に直面していることを指摘し、ビッドアスクスプレッドを絞り込み、取引量とトークンの流通を増やす手段として注文したユーザーに報酬を与えることを提案しました。 ハミングボットチームは、いくつかの実験的なコインで大きな成功を収めました。 プロのマーケットメーカーに匹敵する取引量を作成できる参加者はわずか12人であり、参加者は流動性を提供することで十分な報酬を得ました。

ただし、現在よく知られている流動性マイニングメカニズムは、イーサリアムブロックチェーン上の合成資産プロトコルであるSynthetixによって最初に提案される可能性があります。 参加する方法は、sUSDと引き換えにSynthetixプロトコルでSNXトークンを誓約し、それがsETHの購入に使用されることです。 次に、同じ量のETHをユニスワップ(分散型取引所)のsETH / ETHファンドプールに入れて、LPトークンを取得します。 最後に、LPトークンをSynthetixスマートコントラクトに誓約して、新しく発行されたSNXトークン報酬を受け取ります。 このプロセスはかなり面倒ですが、フライホイール効果を生み出すことに成功し、DeFiレゴの後の開発の基礎を築きました。

流動性マイニングの人気のもう一つの主要な貢献者はコンパウンドです。 そのチームは2020年の夏に、ガバナンストークンが預金またはCOMPトークンの借用のいずれかのためにプロトコルのユーザーに発行されることを発表しました。 暗号通貨貸付の主要なプロトコルの1つとして、この決定はオンラインで広範な議論を引き起こし、他のDeFiプロトコルは、ガバナンストークンがプロトコルの流動性の成長を促進するためのツールとして使用できることを認識させました。 コンパウンドは当時それを「流動性マイニング」とは呼んでいませんでしたが、ユニスワップ、バランサー、イヤーンファイナンスなどのプロジェクトを追随させ、「流動性マイニング」という用語が話題になりました。 預金、貸付、為替、財務管理、保険、デリバティブなどの従来の金融のサービスも、この波とともにブロックチェーンの世界に根付き、2020年にDeFiの夏を迎えました。

用語集

イールドファーミング:

流動性マイニングはイールドファーミングの一種です。ユーザーは暗号資産をブロックチェーン上のスマートコントラクトに引き渡して、ステーキング、交換、転送などの操作を行い、ユーザーはより多くの暗号通貨を取得できます。 イールドファーミングは分散型金融の重要な部分です。 これにより、人々は従来の証券会社、取引所、銀行、その他の機関に頼ることなく、さまざまな金融ツールを使用できます。

スマートコントラクト:

スマートコントラクトは、分散型ファイナンスを構築するためのフレームワークです。 これは、ブロックチェーンにデプロイされたアプリケーションです。 従来の金融で必要とされる仲介業者の需要と信頼を排除し、コストを大幅に削減します。

流動性プールと流動性プロバイダー:

流動性マイニングは通常、分散型取引所の流動性プール内の暗号通貨の誓約です。 暗号資産を提供するユーザーは流動性プロバイダーと呼ばれ、プールで取引手数料とプロトコル報酬を獲得できます。 集中型取引所とは異なり、分散型取引所はアルゴリズムとスマートコントラクトによって自動的に実行されます。 分散型取引所を使用すると、ユーザーは集中型取引所のように入出金プロセスを経ることなく、個人のウォレットを直接取引に使用できます。

自動マーケットメーカー(AMM):

分散型取引所は通常、資産の価格設定に役立つプロトコル、アルゴリズム、または式であるAMMを使用します。 従来の金融では、商品の見積もりはオーダーブックを使用して作成されます。 買い手と売り手はそれぞれ価格を提示し、注文が一致するのを待ちます。 市場価格は最新の価格です。 自動化されたマーケットメーカーでは、取引を行うためにカウンターパーティを一致させる必要はありません。 代わりに、流動性プールから暗号通貨を直接売買することができます。 価格はアルゴリズムによって決定されます。 コンスタントプロダクトマーケットメーカーは最も一般的なアルゴリズムであり、その式はx * y = kであり、流動性プール内の2つの通貨の数「x」×「y」は固定値です。

オーダーブック取引と流動性プール取引:

オーダーブック取引と流動性プール取引にはいくつかの大きな違いがあります。 まず第一に、オーダーブック取引の流動性は買い手と売り手からの保留中の注文によって提供され、流動性プール取引の流動性はプロトコルで暗号通貨を誓約するユーザーによって提供されます。 また、オーダーブック取引のクォートは非連続クオートであり、買い注文と売り注文の間に価格差がありますが、流動性プール取引は数式を使用し、流動性プールに暗号資産がある限り、連続クオートが生成されるため、注文が一致するものを見つけることができないために取引できない可能性は存在しません。 最後に、オーダーブック取引の取引手数料は通常、市場を運営する中央集権的な取引所によって請求されますが、流動性プール取引の取引手数料は流動性プロバイダーに与えられます。

返品計算方法: APR & APY:

流動性マイニングのリターンには、年間パーセンテージ(APR)と年間利回り(APY)の2つの一般的に使用される指標があります。 主な違いは、APRは単純な利息計算を使用し、元本に対する利息の比率のみを考慮することです。 APY は複利計算を使用します。 利息と元本に加えて、利益を直接再投資して、より多くのリターンを生み出します。 流動性マイニング市場での激しい競争と急速な資本フローにより、リターンは大きく変動します。 その結果、APR または APY は、現在の評価を参照としてのみ表すことができます。

長所と特徴

さまざまな収入を得る

DeFiのイノベーションとして、流動性マイニングはトークン流通の問題を解決するだけでなく、参加者とプロジェクトチームに収益をもたらします。 流動性プールの参加者にとって、迅速な資産交換は時間を節約し、保留中の注文の待ち時間はありません。 流動性提供者の役割は、マーケットメーカーの役割と同等です。 LPは、取引手数料を稼ぐことに加えて、DEXのプロトコルから追加のトークン報酬を受け取ることもでき、これは大きな収益の可能性を秘めており、人々がLPになるインセンティブを与えます。 プロトコルトークンを保有することは、会社の株式を取得し、プロジェクトまたは会社の将来の方向性を共同で決定するためにチームのメンバーになることと同じです。 資産をいつでも追加または償還できる流動性プールは、資金管理に大きな柔軟性をもたらします。 流動性マイニングへの投資規模にはほとんど制限がなく、個人の好みや市場の変化に応じていつでも動的に調整できます。

操作が簡単

トークンを発行するプロジェクトチームの場合、流動性マイニングにより、プロジェクトはイニシャルコインオファリングなしで市場から資金を調達できます。 取引市場を創出するために必要な資本はごくわずかであり、プロの定量的マーケットメーカーを雇うために大金を費やす必要はありません。 流動性マイニングに参加するユーザーは、通常、プロジェクトの支持者です。 したがって、独自のプロジェクトトークンの流動性プールを作成すると、プロジェクトチームがターゲットユーザーグループを特定するのに役立ちます。 後続のトークン配布およびイベント操作も、より明確な方向性を持つことができます。 市場でのトークンの流通を促進することに加えて、チームが独自のトークンをプールに入れることを決定した場合、流動性プールはプロジェクトチームのキャッシュフローと収入を生み出すこともできます。 これにより、将来のさまざまなビジネスモデルを作成できます。

短所とリスク

無期限の損失

流動性マイニングは暗号に莫大な資金と人気をもたらしましたが、問題や欠陥がないわけではありません。 LPが資産を2つの異なる通貨の流動性プールに入れた後、大きな価格変動によって比率が大幅に歪められ、一方の通貨の数が急増し、もう一方の通貨の数が増加する可能性があります。 流動性の追加と償還は1:1の比率に基づいているため、LPは投資通貨と引き出し通貨の数が異なる場合があります。 このような価格変動によるコイン数や純資産価値の変化を無期限損失といいます。 資金を永久に失うことはありませんが、利益は大幅に減少します。

生態系の危険性

LPはDEXプロトコル自体のリスクも負わなければなりません。 流動性プールの管理は、自己実行型のスマートコントラクトに依存しています。 プログラムコードに抜け穴があり、ハッカーが攻撃すると、流動性プール内の誓約資産が盗まれる可能性があります。

流動性プールを作成したプロジェクトチームも潜在的なリスク源です。 不正なプロジェクトチームは、悪意を持って大量のトークンを発行し、コミュニティメンバーが保有する株式を希釈し、価格を操作する権限を与える可能性があります。 また、流動性プール内の資産を排出して消滅させる可能性もあります。

ブロックチェーン上の裁定取引ボットは、別の隠れたリスクです。 ユーザーが資産を交換するとき、裁定取引ボットは利益を得るために価格スリッページを作成する機会を探し、オンチェーン取引を高価で非効率的にします。

バブルかもしれません

プロジェクトチームにとって、流動性プールを導入することで市場から迅速に資金を調達できますが、多くの流動性プロバイダーは忠誠心のない投機家です。 経済的インセンティブがなくなると、これらの投資家はすぐにトークンを引き出して販売し、価格を急落させます。 また、プロジェクトで問題が発生した場合、多数の参加者が同時に終了するため、流動性プールが枯渇する可能性があります。 資金の不足は、プロジェクトチームにとって状況をより困難にするだけです。

流動性マイニングに参加するには?

ブロックチェーン上の流動性マイニング

DeFiの開発により、流動性マイニングに参加するプロセスが大幅に簡素化されました。 Uniswap(ロックされた合計値が最も高い分散型取引所)を例にとると、ユーザーはUniswap Dapp Webサイトにアクセスしてウォレット(Metamaskなど)をリンクするだけで、オンチェーントークンを交換して流動性マイニングに参加できます。 現在、ユニスワップはイーサリアムとポリゴンネットワークをサポートしています。 ユーザーは、ブロックチェーン上の鉱夫に支払うために、最初に対応する通貨のいくつかを持っている必要があります。 流動性プールに2つの暗号通貨を追加すると、流動性プールトークンを取得します。 流動性プールの取引手数料は自動的に流動性プールに戻され、ユーザーが戻って流動性プールトークンを破壊した後にのみ、追加された流動性と一緒に償還できます。

取引所における流動性マイニング

ユーザーは、集中型取引所での流動性マイニングに参加することもできます。 Gate.io を例にとり、Gate.io Webサイトの上部ナビゲーションバーにある[稼ぐ]をクリックして、[流動性マイニング]を見つけます。 Gate.io での流動性マイニングは簡単です。 償還可能な資産の追加はワンクリックで完了します。 Gate.io で取引できる暗号通貨は1,400以上あります。 クロスチェーン参加がブロックチェーンプロトコルによって制限されていない場合。 さらに、Gate.io に記載されているコインはすでにこのプラットフォームによって監査されているため、コードの抜け穴やプロジェクトが破産するリスクは非常に低いです。 ユーザーは、ブロックチェーン上の問題のあるマイナー料金に対処する必要はありません。 上記のすべては、集中型取引所での流動性マイニングに参加する利点です。

将来の見通しと結論

イノベーションの最前線にいることの良い点と悪い点

流動性マイニングの出現は、DeFiの革命を開始しました。 DeFiの開発には、人々がさまざまな金融商品を探求し、想像力を自由に発揮するように促した他の素晴らしいアイデアがありました。 流動性マイニングは、多くの通貨が流通と変換が難しいという問題を解決します。 効率が向上し、プロジェクトチームがビジネスチャンスを創出しながら資金を調達するのに役立ちます。 それは誰でも流動性プロバイダーと利益になることを可能にします。 ただし、流動性マイニングには独自のリスクと欠陥があります。 流動性プロバイダーは、価格変動による無期限の損失により資産を失ったり、ハッカーにすべての資産を失ったりする可能性があります。 プロジェクトチームはまた、市場の投機的な流れのためにトークン価格の崩壊に苦しむ可能性があります。

今後の展開

流動性マイニングの開発見通しについては、サービスとしての流動性やプロトコル所有の流動性など、多くの斬新なアイデアが提案され、議論されてきました。 前者は、プロジェクトチームが市場から一定期間流動性をリースして事業に資金を提供し、流動性プール手数料を稼ぐことです。 プロジェクトチームは、満了後のすべての無期限の損失を負担し、リース料を支払います。 後者は、プロジェクトチームがトークンを割引価格で販売するための債券を発行し、流動性プールトークンの所有権を永続的に取得して、緊急時に多数の償還によって資金が枯渇する問題を回避することです。

ブロックチェーン業界は、流動性マイニングのおかげで非常に多様になりました。 DeFi世界のレゴ城を建設するために、さまざまなデリバティブ金融商品も導入されています。 それは多くの魅力的な収入機会を生み出しましたが、それはまた資金の流れをより複雑で理解しにくくしました。 鉱業収益がどこから来ているのか理解できない場合、あなたの資産は他の人の目には収入源である可能性があります。 この分散型金融の革命を前進させるためには、リスクを十分に理解し、認識する必要があります。

著者: Piccolo
翻訳者: Yuanyuan
レビュアー: Hugo, Echo, Piper
* The information is not intended to be and does not constitute financial advice or any other recommendation of any sort offered or endorsed by Gate.io.
* This article may not be reproduced, transmitted or copied without referencing Gate.io. Contravention is an infringement of Copyright Act and may be subject to legal action.